ガッてな

カテゴリー
ランキング
個人設定

このサイトについて

怖い話クラブの記事一覧

怖い話クラブ

http://kowa.club

カテゴリー : 生活

サイトランク : 53位

日付
タイトル
リツイート
10月24日16:15【洒落怖】冬山で、遭難した登山者が見つかった時のこと。 捜索隊に加わっていた人から、こんな話を聞いたという。
0
10月24日14:15【洒落怖】渓流釣りをしている時、樹木に覆われ隠れているようになった淵を見つけた。 そこで彼は、不思議な沢蟹を見つけたのだそうだ。
0
10月24日12:20【洒落怖】仕事で山林の手入れをしている時のこと。 どこからか奇妙な調子で、おーいと呼ぶ声が聞こえたのだという。
0
10月24日00:00【洒落怖】飼い犬を連れて実家近くの里山を歩いていた時のこと。 いきなり山鳴りがして、地面が大きく揺れ始めたのだという。
0
10月23日22:00【洒落怖】自分の山で下生えを刈っていると、不法投棄された粗大ゴミを見つけたという。 ゴミの量はかなり多く、処分しようか放っておこうか考え込んでいた時。
0
10月23日20:00【洒落怖】仲間と泊まり込みで渓流釣りに出かけた時のこと。 夜、車の中で毛布に包まって休んでいると、物音がして目が覚めた。
0
10月23日18:00【洒落怖】 彼が山に登り始めた頃のことだ。 先頭にたって登っている時に、道が分からなくなってしまった。
0
10月23日16:00【洒落怖】その日彼は渓流で鮎の共釣りをしていた。 囮の鮎を、川の狙ったポイントに投げ込んだ時のこと。
0
10月23日00:00【洒落怖】元解体業者の彼は、奇妙な仕事を請け負ったことがあるという。 現場は奥深い山林の中にあった。
0
10月22日23:17【洒落怖】数人の仲間と山中を縦走していた時のこと。 そのあたりは火山帯で、キャンプ地から少し歩いた所に温泉が湧いていた。
0
10月22日21:17【洒落怖】自分の持ち山で草刈りをしていた時のこと。 一休憩して酒でも飲もうと、荷物を置いた所へ行ったのだという。
0
10月22日19:17【洒落怖】町内会でキャンプした時に、肝試しをおこなったそうだ。 キャンプ場の裏山にあるお堂に行って、証明の札を取ってくるというものだった。
0
10月22日17:17【洒落怖】子供の頃、ボーイスカウトに参加して山登りをした時のこと。 山の中腹にさしかかった頃、上の方から一組のパーティーが下りてきた。
0
10月22日15:17【洒落怖】里山を歩いていた時のこと。 いきなり足元の地面が浮き上がり、投げ出されて尻餅をついたのだそうだ。
0
10月22日13:21【洒落怖】小洒落た山小屋を借りて、友人たちと焼き肉パーティーを開いた。
0
10月21日19:00【洒落怖】男子学生だけで夏山登山にいった時のこと。 キャンプ場で女学生のパーティと親しくなり、そのまま宴会となった。
0
10月21日17:00【洒落怖】「バス釣りしにダムへ」「山菜を採りに山に入った主婦が行方不明になった」
0
10月21日15:00【洒落怖】山頂の森中にある城跡で肝試し。すると、どこからか…
0
10月21日13:00【洒落怖】自分の家は山のてっぺんなんだけど、そこから隣の山の頂上に、大岩がたくさん置いてあるのが見えるんだわ。で、近所の爺さんに「あの岩は何?」って聞いたら
0
10月21日00:00【洒落怖】学生のオリエンテーションキャンプでのこと。 彼は調子よく、くだらないオヤジギャグを連発していたそうだ。
0
10月20日23:03【洒落怖】真夜中の長い峠道を、バイクで上っていた時のこと。 麓から走ってきた後続車に強引に追い抜かれた。
0
10月20日21:03【洒落怖】 彼女は毎夕、飼い犬を連れて散歩をするのが日課になっていた。 ある日、犬が何も無い空間に向かってひどく吠え立てた。
0
10月20日19:03【洒落怖】バイク仲間で林道をツーリングしていた時のこと。 工事もしていないのに、道の途中でライトを振って交通整理している人がいる。
0
10月20日17:03【洒落怖】親類と一緒に茸狩りに行った時のこと。 途中で、木の幹に鎌の刃が刺さっているのに気がついた。
0
10月20日15:03【洒落怖】学生時代、仲間三人で酒盛りしていた時のこと。 地元でも有名な幽霊屋敷に肝試しに行こうという次第になったそうだ。
0
10月20日13:03【洒落怖】冬山登山に出かけ、大きな山小屋に泊まった時のこと。 夜中に、仲間の苦しそうな声で目が覚めた。
0
10月20日12:07【洒落怖】連休を利用して山歩きしていた時のこと。 無人の山小屋に泊まったのだが、奇妙な夢を見たという。
0
10月18日19:00【洒落怖】家屋が大きな音をたて、地震のように揺れ始めた
0
10月18日17:00【洒落怖】「行ってもいいか。行ってもいいか。 」「川から米を研ぐ音が」
0
10月18日15:00【洒落怖】「獣道の空から」「キャンプ場のきれいなトイレ」
0
10月18日13:51【洒落怖】渓流釣りに行き、山中の河原に野営していた夜のこと。 竿の手入れをしていると、焚き火の向こう側に何かがいるのに気がついた。
0
10月17日00:00【洒落怖】持ち山で竹を切っている時のこと。 竹林の中から犬の吠える声が聞こえてきたという。 あたりを見回してみたが、どこにも犬の姿は見えない。 それでもやはり、犬の声が聞こえてくる。
0
10月16日22:53【洒落怖】村はずれの山に、猿使いのお爺さんが住んでいた。 猿をまるで召使のように使いこなし、仕事やお使いをさせていたらしい。 誰からともなく、その家の者を猿使いと呼ぶようになったのだという。
0
10月16日20:54【洒落怖】大学の研究室で山に登った時の事。 廃村を見つけたので、そこで一泊することにした。 まともに残っている家屋敷は一つだけで、その前にはかなり広い田圃があった。
0
10月16日18:54【洒落怖】まったく獲物が獲れない日が続いた猟師が、つい滅多なことでは入らない山奥まで足を踏み入れたそうだ。 やっと木枝の間に猿の姿を見つけたが、どこかおかしい。
0
10月16日16:54【洒落怖】一人の時に山小屋を見つけたら、入る前に注意することだ。 もし、小屋の扉がひとりでに開いたら― もし、酸っぱい臭いのする液体が滴っていたら―
0
10月16日14:54【洒落怖】小さな牧場でバーベキュー。楽しく飲み食いしていると、敷地の片隅に変わった牛舎があるのに気がついた。 「どんな牛をいれるんですか」「あれは牛を入れていたんじゃない。『くだん』を入れていたんだ」
0
10月16日12:54【洒落怖】彼の実家は、水道も引かれていない深山の寂村だった。 ふと気がつくと、お爺さんが一心不乱に空を見つめていたそうだ。
0
10月16日10:54【洒落怖】雨の中で山歩きするのは、意外と体力を消耗するものです。 へこたれた私は、いつもより早目に野営することにしました。 ちょうど良い感じに張り出した岩場を見つけたのです。
0
10月16日09:00【洒落怖】あなたは廃火葬場を見たことがあるでしょうか? 自分が住んでいた田舎では、昔は村落ごとに小さな火葬場がありました。 火葬場といっても、小さな納屋くらいの大きさで、石造りの小屋です。
0
10月16日00:00【洒落怖】私が子供の頃は壁や柱の精の声が 聞こえていました。というより、そう思っていました。 壁や柱から、誰かの声が聞こえるんです。 男性の。
0
10月15日23:07【洒落怖】目の前の田んぼには一面に雪が積もって真っ白。「ああ、きれいだな」と眺めていると、山沿いにある田の真ん中にポツポツ と足跡が見えました。 「動物だろうかな?」と思い、良く見るとかなり大きいです。
0
10月15日22:00【洒落怖】水筒を空にしてはいけない山があるのだという。 そこにはカサフカシと呼ばれる物の怪がいて、空の水入れを見つけると、その中身を 濁った泥水で満たしてしまうからだという。
0
10月15日21:08【洒落怖】昔、俺はかなりのDQNだった。 幼児ゆえの残虐性というか、昆虫を見るたび片っ端から殺していた。 しかし、やはり天罰というものはあるわけで。 ある時、真っ白な蛇が現れたのよ。目の前に。
0
10月15日00:00【洒落怖】5歳の娘が急に高熱を出し、慌てて近くの病院へ連れて行った。 そして風邪と診断され、処方された薬を3日間飲ませていたが、症状は一向に良くならず。 「ひょっとして医者の誤診では?何か別の重い病気かも…」
0
10月14日23:00【洒落怖】登山中、景色を見てみると、 渦巻いてるんです、景色が。 CGで作ったような、B級映画に出て来る時空の歪みみたいな感じで。
0
10月14日21:00【洒落怖】その日たまたま買ってきたブロッコリーに芋虫がついていた。 普段ならつまんで外に放り出すのだが、なんかそれが出来なかった。 ガラスのボウルにキャベツをひいてブロッコリーを真ん中に置き、芋虫をいれてやった。 運良く潰れなかった事からその芋虫を「ラッキー」と名付けた。
0
10月14日20:05【洒落怖】子供3人で山に登り、「そろそろ戻ろうか」と来た道を引き返し始めたのだが、同じような景色で、どこまで戻れているのか全く分からない。
0
10月14日00:00【洒落怖】ある日、父方のおばあちゃんが怪我した野良猫を拾ってきました。聞けば家の前で交通事故にあい、動けなくなっていたのを保護してきたとのこと。青い目の、雌の猫でした。
0
10月13日23:10【洒落怖】祖母が動物を飼うのを嫌がっていたのに仔猫2匹を買ってきた。 真っ白だけど額にミッキーみたいな黒い模様があった猫と、黒いトラ模様の兄弟。 血筋は良いらしいが雑種だと判断されて、この2匹だけ格安だったらしい。
0
10月13日21:10【洒落怖】鹿児島の旧家である本家にあるものなんだけど、 俺は中学のとき、一度だけ見せてもらったモノ。 「直視できない石」って言われてるものを見せてもらった。
0
10月13日19:30【洒落怖】ある日お昼過ぎぐらいに散歩してたら見慣れない裏路地が。その路地をずっと真っ直ぐいったらまぁ普通に道路に出たのですが何か周りの様子がどうもおかしい・・・
0
10月13日00:00【洒落怖】「あそこに灯台があるよ。」 「ウサギさんがいるよ。」 子供が言う方向を見ると確かにウサギの耳が見えます。
0
10月12日22:16【洒落怖】その日もいつもと変わらず数名の仲間とともに午後からの授業をサボり神社に向かったのですが、鳥居の前に見慣れぬ猫が居たのです。 その時は見慣れぬ猫がいるな。程度で見たのですが、何故か気になり私は鳥居の前の猫に近寄って行きました。
0
10月12日20:16【洒落怖】私が幼稚園の頃、家族で動物園に行った。ライオンに夢中になってたら 親とはぐれてしまい、あたりを探しまわってやっと母親の後ろ姿を見つけて「おかーさん!」 って言って後ろから手をつないだら知らない女のひとした。
0
10月12日18:15【洒落怖】友達の話。なんか幸せを運ぶとかいう生物?がいるらしく それを捕まえたらしいんだよ。 エコエコアザラクとかマハリクマハリタとか、なんかそんな響きの名前だったと思う。
0
10月12日16:16【洒落怖】俺が飼ってた猫の話。 知らない間に体の中に大きな腫瘍を抱えてて、 触って気付いた時に慌てて病院に行ったら、悪性腫瘍。しかも末期。
0
10月12日00:00【洒落怖】めんどくさい友達が家に来たので居留守してたら、大声で 「おーい!!出て来い!!いるのはわかってるんだぞ!!」
0
10月11日23:10【洒落怖】俺は滋賀県に住んでるんだけど、俺が幼稚園~小学一年生位の時に 琵琶湖の水位がかなり下がった事があった。
0
10月11日22:24【洒落怖】友達との遊び場だった神社は街から遠く、山中に鳥居だけが立ってるのが見えるくらい孤立していた
0
10月11日21:25【洒落怖】マイケル・ジャクソン死亡のニュースに心を痛めて帰宅したら、愛猫のトイレにスイカの汁みたいなものが…
0
10月11日00:00【洒落怖】「学校で猫が捨てられていたので職員室前であずかっている  明日中に引き取られなかったら保健所に連絡しなきゃならない」
0
10月10日23:13【洒落怖】うちの近くに昔からなぜかずっと何も建物が立ってないところがある。 昔は一つのお墓があったみたい
0
10月10日21:12【洒落怖】海釣りをしていた時の話。一緒に行った友達が突然いなくなってしまった
0
10月10日19:11【洒落怖】引っ越し作業中、天井から「トトトトトッ」と、何か小動物の足音みたいな音がしました
0
10月10日17:10【洒落怖】あれは、去年の秋頃だったと思います。 「すいません」と声を掛けられ、振り向くと知らない中年女性がそこに立っていました。 まったく見覚えの無い女性は「あの、看護婦さんですか?」と話し掛けてきました。 私は看護婦ではありませんので、「いえ、違いますよ」と答えました。
0
10月10日15:10【洒落怖】その人の家系は、沖縄で霊媒師みたいなことをやっていたそうだ。 その父ちゃん、体が悪くて何年も寝たきり。 何度も「今夜がヤマだ」という状態になったらしい。
0
10月10日13:04【洒落怖】深夜のドライブインで食事してたら、隣のテーブルに変な家族がいた両親と子供二人なんだけど、両親ともすごく小柄で…
0
10月10日00:00【洒落怖】俺、みんなに早死にしそうって言われるんだ。冗談からマジまで。 なんで言われるのか分かんない。 付き合ってた彼女に突然「私より早く死なないでよ」って言われたこともある
0
10月09日22:51【洒落怖】大雪が降った日の午後、近所の空き地にいくといちめん真っ白い雪野原で 赤いプラスチックバケツをかぶった雪だるまが一体空き地の真ん中に置かれていました。
0
10月09日20:51【洒落怖】ベットに横になって飼い猫と一緒に寝てた時 頭を乗せていた低反発枕が 『グゥゥーッ』と沈んだ。 ちょうど顔の横のあたり。
0
10月09日18:51【洒落怖】授業中、女生徒が「きゃー!!」と叫びました。そして泣いて震えているのです。
0
10月09日16:51【洒落怖】近所で噂の怪しい人の家にピンポンダッシュしたことはないか?俺はある…
0
10月09日15:53【洒落怖】娘が私にいきなり「ねえ、どうしてうちの前に 怖いお顔した人が立ってるの?」と聞くのです
0
10月09日11:36【洒落怖】御盆のお墓参りの時どこからか子猫がやってきた。 やたら人なつっこく、どこまでもついてきてすりよってくる。
0
10月07日17:00【洒落怖】某水族館にはシャチに餌付けするコーナーがあった。恐くてたまらなかった…
0
10月07日15:00【洒落怖】ある意味ゴキブリよりもすごい生き物の話
0
10月07日13:00【洒落怖】黒猫ってのは性格良いの多いんだけど、色のせいで損してるよなぁ…
0
10月07日11:00【洒落怖】あたいのばあちゃん突然死んでしまった。 三回忌に納骨しようとして父ちゃんが骨壷を取り上げたんだけど軽い。 どうしたんだ、散骨でもしたのか!!と問い詰めた…
0
10月07日00:00【洒落怖】友達と渓流釣りに行った時の話。友達が突然「なんかやばい、周りの空気がおかしい」とか言い出した
0
10月06日23:04【洒落怖】「す、すいません、さっきここで雑誌買ったんですけど、千円と一万札をですね・・・あのですね・・・。」
0
10月06日21:10【洒落怖】子供の頃の嫌な思い出があるので聞いて下さい。 記憶が曖昧で、所々ぼんやりとしか思い出せない事があるんです。 思い出せるシーンを何点か書きたいと思います。
0
10月06日19:10【洒落怖】ある時期から、午前二時に必ず目がさめるようになった。「セイチョウキの子どもにはいろんなことがあるとか言うもんな」 と思って納得していたのだが…
0
10月06日18:10【洒落怖】親戚が揉め、家族仲も最悪で、他にも友人間での トラブルが重なって精神的に参っていた。 そんな期間だから幻覚を見たんだ…と思ってる
0
10月06日00:00【洒落怖】子供が産まれて親戚の叔母さんが子供のおもちゃを色々くれた。そのうちのひとつが、色んな機能のついた箱。 6面それぞれに時計とか歯車とか色々ついてて中は空洞。
0
10月05日23:12【洒落怖】犬鳴トンネルの手前に車を停め、霊感持ちの先輩に解説されながら、ひんやりとしたトンネル内を歩いた。 「今日はすごい!なんかうじゃうじゃいる!多分動物じゃないかなこの大きさ…あ、そこに女の子がいるよ!!」 みたいな感じ。
0
10月05日21:12【洒落怖】職場に型落ちのアイドルみたいな可愛い系の女性がいる。 ある日突然、その女性と目を合わせる事が出来なくなった。
0
10月05日19:00【洒落怖】大学の頃、寮に住んでたんだがその寮の自室での話。 なんとも言えないほど汚い寮で、廊下の壁や床のタイルは至る所が剥がれていて、 卒寮生が書き残してゆくのか、廊下に限らず部屋の中もあらゆる場所に夥しい量の落書きがされてる所だった。
0
10月05日17:09【洒落怖】十数年前の事だが、野生動物の写真を撮りに或る山岳地帯に行った時の事、私と親友であるKは 天候の急変に対処出来なくなり遭難した。
0
10月05日15:00【洒落怖】友人がね、何かペットを飼い始めたらしいんです。 「フワフワしててビーズクッションみたいに気持ちいいんだ。」 そう言ってとても楽しそうに話したものです。
0
10月05日13:00【洒落怖】僕の家からそんなに離れていない場所に、動物の皮をなめして太鼓や三味線を製作したり、剥製なども手懸けることを生業とする 方々の工房が十数件ばかり密集している地域があります
0
10月05日11:11【洒落怖】ペットショップからフェレットが脱走した。しょうがないなぁと捕まえると…
0
10月05日09:00【洒落怖】とある幼稚園では、遠足で訪れた動物園の動物の絵を園児に描かせる行事がある。一人の男の子が、空っぽの檻を必至に描いていた
0
10月05日00:00【洒落怖】キャバクラで働いてた頃の話。 私の働いてたお店は常勤10~15人くらいでわりと小規模のお店だったんだけど、 何人か霊感のある子がいた。
0
10月04日23:10【洒落怖】猫に嫌われすぎている父
0
10月04日21:20【洒落怖】親戚からお古の学習机をもらうことになった。 年季が入った感じの木の机で、親戚の子の描いたラクガキとか、ビックリマンシールとかがベタベタはってあったりして汚い
0
10月04日19:40【洒落怖】山中の信号待ち。青に変わってアクセルを踏み込むとガクン!Σ(゚д゚)!?…プシュー… 夜の山道でホラー映画のごとく動かなくなりましたよ
0
10月04日18:50【洒落怖】当時わたしは中学生で、まだ猟師を生業にする人たちも若干残っていた。わたしの祖父には狩猟の趣味があり、愛犬2頭を連れてよく狩りに 行っていたものでした。 
0
10月03日22:20【洒落怖】未だにその地方の関係者の間ではタブー扱いらしいです。 その温泉街は村全体が高い山間にあって、冬は深雪に被われる場所です。
0
10月03日20:00【洒落怖】祖父が他界した時に変な話を聞いた。 地元で子供の死体が発見されたことがあったんだけど、その死に方が手足が線切れて失血死だったんだそうだ
0
10月03日15:57【洒落怖】おそらく見える・わかるんだと思うハトコがいる。そいつとの最近の話を一つ。
0
10月03日00:00【洒落怖】次男は霊感とか全くそういうのは無かったけど、大学生活中一人暮らししてて バイト終わった後真夜中に階段降りてたら いきなり後ろから誰かに突き落とされたらしい。
0
10月02日22:49【洒落怖】じいちゃんの家に行った時、大昔に書いた絵がたくさん出てきたんだけど、よくみたら全部両親と姉しか描いてなくて、私がどこにもいなかった。
0
10月02日20:50【洒落怖】養豚場は臭かった。慣れている人間にはそうでもないらしいが、 養豚場なんてきたことのない者にとって、そこに居るのは正直苦痛だった。
0
10月02日18:50【洒落怖】肝試しで訪れた廃墟に謎の生活感。ヌイグルミやカーペットなんかが、 ついさっきまで人がいた気配を漂わせている。空気の乱れとでも言うのか…
0
10月02日16:50【洒落怖】「ママ早く~!おじちゃんが追いかけてくるよ~」 「え? 足がないのに?」 「ぴゅーって飛んでくるよー、怖いよー!!」
0
10月02日14:50【洒落怖】俺の友達は三重県の山の中にある異常な敷地の広さを誇る私立高校に通ってる。そこの寮では昔から自殺者がたえないらしく幽霊が出ることじたい珍しいことじゃない
0
10月02日12:50【洒落怖】ホテルの人から、 「鹿が発情期を迎えて興奮しています、絶対に近づかないでください、大変危険です」って、言われた。
0
10月02日10:50【洒落怖】2008年当時の「検索してはいけない言葉」
0
10月02日08:50【洒落怖】祖母がまだ若かった頃、北海道の日本海側の漁村に住んでいた。 ある日、祖母が近くの川で遊んでいると、川上から何かの塊が流れてきた。 それは肉の塊だったらしく、祖母は大人を呼んで家に持って帰り、 皆で焼いて食べたそうだ。
0
10月02日07:00【洒落怖】うちの地元に「○っちゃテレビ」という地元ケーブルテレビの放送局があるんだが、 たまに「地元警察署からのお知らせ」というのを流すんだ。 この前、山へ散歩に出かけた婆さんが行方知れずになって「お知らせ」が出たんだよ。
0
10月01日15:51【洒落怖】拝み屋のばあさんが裏返った土着の神様に話しをつけてから体調を崩し、それでも亡くなる寸前まで憑いてた物を落としました。
0
09月30日15:13【洒落怖】現場が田舎のでっかいお屋敷、先祖代々住み続けてる土間とかあるような古い家屋を新築にするからって依頼があった。で、壁剥がしたらなんと引き戸が出てきて開かずの間らしい部屋が出てきた
0
09月30日13:11【洒落怖】私の家の近所で商店を営まれているご夫婦がいました。 動物が好きなようで犬を飼っていました。 ただその動物がころころ変わるんです。 茶色い犬がいたな、と思ったら白い犬に変わっていたり。
0
09月30日11:11【洒落怖】最近は減ってきたが、中学生の頃から中途半端な金縛り(?)にあっている。 胸の辺りにズシッと重みを感じたら金縛り開始。 意識がハッキリしてて、目は開くし声も出せる。 頭も腕も足も動かせるし、寝返りも出来るけど、何故か起き上がれない。
0
09月30日09:12【洒落怖】部屋を掃除してたら、昔の絵日記が出てきた。 小学一年生のときに宿題でやらされてた「せいかつてちょう」ってやつ。 ほほえましい内容の絵日記に交じって一枚、気味の悪い絵と日記があった。
0
09月29日18:41【洒落怖】母が昔住んでたある家は、毎週水曜日午前0時に母の部屋の天井から廊下の上、そして 階段をぎっぎっと下りて母と祖父の部屋の前を通り過ぎる足音が聞こえていたそうな。
0
09月29日17:49【洒落怖】帰宅する途中、前方の道端に変なモノがいるのを見た。 高さ1メートルくらいの白い棒のようなものが3本、地面から少し浮いた状態で垂直に立っていた。
0
09月29日00:00【洒落怖】夜警のバイトをしていた時のこと。 職員用のロッカールームを見回った時、半開きになったロッカーがあった。 ロッカーを閉めようと歩み寄ると、中から黒い手が伸びてバン!と勢い良く閉められた。
0
09月28日00:21【洒落怖】雑誌社でバイトしてた時、マタギを取材する機会があった。彼らは「鬼熊」という呪いを使って縄張りを荒らす者を撃退するという
0
09月27日23:21【洒落怖】山道をドライブしていると大量のカラスが邪魔をしていました。クラクションを鳴らして追払うと、そのカラスは普通のカラスじゃなかった
0
09月27日21:21【洒落怖】学校帰り、薄暗い歩道で母の迎えを待っていると突然小川の方から「ハハハハハハ!」と甲高い声が響いてきた
0
09月27日19:14【洒落怖】零感な俺が深夜のジョギングで妙なものをみてる。屋根の上で踊るソイルはよくみると猿のようで…
0
09月27日17:11【洒落怖】放送局にまつわる幾つかの怖い話…「録音された謎の声」「放送に乗った謎の声」
0
09月26日13:44【洒落怖】カーブを曲がった先に赤い橋がありました。 車1台しか通れないような幅の狭い橋で、暗さと、木々と、道の曲がり具合のせいで、突然目の前に現れたように見えて、凄く不気味に感じたのを覚えています。
0
09月26日00:00【洒落怖】古い友人の中に異常なまでに強運な子がいる。 まずクジ運がよくて「あれが欲しいな」と言うとだいたい当てる。宝くじも突然気まぐれのように買って、何億とかはないにしても結構な額をあてる。
0
09月25日23:00【洒落怖】特殊清掃の仕事をしているっていうとみんな人の死体を想像するけど 実際には死体がなくなった後の部屋の清掃がほとんど。
0
09月25日21:00【洒落怖】アパートの玄関から変な音が聞こえてきた。多分、深夜0時を過ぎたくらいの頃だったと思う。 その音っていうのは、何か硬いもので金属を引っ掻くような音。ドアを石で引っ掻いてるみたいな。
0
09月25日19:00【洒落怖】私と妹は奥の和室でのんびりとごろごろしていました。 すると突然、風呂場から祖母のうめき声が聞こえたのです。 時間はまだ真昼間でお風呂の時間ではないのに。
0
09月25日17:00【洒落怖】どこからしているのか分からない不可解な死体の腐臭の話…死体の腐臭は独特で、他のありがちな異臭と同じく簡単に区別がつく
0
09月25日13:00【洒落怖】「ねえねえ、ここの水だけ冷たいよ。どうしてだろう?」 「水流がぶつかってんじゃないの」「ちょっとさわってみてよ」
0
09月25日11:00【洒落怖】ダイバーがアオザメを発見し、石を投げて遊んでた。最初はじっとしていたサメだったが…
0
09月25日09:00【洒落怖】うなぎの養殖池に住んでいる人は絶対にうなぎを食べない。その理由を聞いたら、私も食べられなくなりました
0
09月25日07:00【洒落怖】タコは嵐の夜に畑のイモを食べるか? 嵐の夜に、タコが畑に上がってきてイモ(さつまいも)を食べるという伝説があります。
0
09月25日00:00【洒落怖】とある雑誌で「マブイ」ってのが紹介されてたものを読んだ。誰もが持っている「魂や感情のカタマリの一部」のようなもの
0
09月24日23:00【洒落怖】漁村では、近くに人口稠密地域が無いと、それほど水死体は上がりません。 それでも、たまには水死体が海岸に打ち上げられたり、網にかかったりします。
0
09月24日21:00【洒落怖】満月の夜は魚が食い渋るものだが、その日は頻繁に強いあたりが来た。変だな・・・ 何度か肩透かしを食らいながらもめげずに仕掛けを振り込んだ
0
09月24日19:00【洒落怖】「お肉とお野菜どっちが好きかえ?急に来られたから今晩は良いものを用意できなくてねぇ・・・  せめて明日の朝くらいは、もてなさせておくれ」
0
09月24日17:00【洒落怖】俺には5歳の息子がいる。 ただ、その子は病気で、口がきけない。 病気と言っても、幼稚園でのケンカが原因の心因性のもので、本当は言葉をしゃべれるはずなんだ。
0
09月24日15:00【洒落怖】女生徒の一人がエンジェル様を怒らせた理由を話し始めた。 ずーっとエンジェル様の呪いに4人は悩まされているという。
0
09月24日00:00【洒落怖】孤独死した老人の部屋をクリーニング市に行った時の話。玄関に入ると同時に嫌な匂いが鼻をつく。 消臭剤が部屋のあちこちに置いてあるがこびりついた臭気は簡単に落ちないようだ。
0
09月23日23:00【洒落怖】ある晩、いつものように友達の部屋に行くと、今まで綺麗だった部屋の中がめちゃくちゃ散らかっていた。 驚いて何があったのかと聞くと、友達は「探しものをしていた」と答えた。
0
09月23日21:00【洒落怖】姉は神社でのバイトを辞めた。 祭りのために臨時で巫女のバイトを募集していたのだった
0
09月23日19:00【洒落怖】川を挟んだ向こう側の藪の中からもガサゴソと物音&何者かの気配… 狸か猪だと思って身構えた。猪は襲ってくることもあるからね。 真っ暗闇の中の更に真っ黒な動く何者かが川の水に入る音がした。 俺は息を殺し気配を消してじっと様子を伺った。
0
09月23日17:00【洒落怖】倉庫アルバイトの暗黙の了解…中二階には絶対に行ってはいけない
0
09月23日15:00【洒落怖】幽体離脱したときのことを書く。もう、ダメっぽい、と言われて嫁が泣いているころ、定番どおりおれは上から自分を 見下ろしていた。 ウソっぽいと思っていたが、自分が体験してみるとホントだった。
0
09月23日13:01【洒落怖】頬に蜘蛛の糸が触れた。 しばらく行くと、また、頬に蜘蛛の糸が触れた。 (雪迎えの季節にしては早いな) そう思いながら歩いていると、視界の端を、黒と黄色の小さい何かが掠めた。 (蜂か?!)
0
09月23日00:00【洒落怖】眠りかけた頃、誰かが自分の布団にもそもそと入って来た。
0
09月22日22:55【洒落怖】「車に乗ってるとどうも妙な臭いがする。車はちゃんと動くから故障じゃないと思うんだけど、 なんかキモチ悪いからヒマなときにでも来て欲しい」
0
09月22日20:55【洒落怖】昨日久しぶりに家に帰ったら玄関で子猫が死んでた。っていうか腐ってた。
0
09月22日18:52【洒落怖】私には3年間付き合っていた人がいました 私の職業柄、家に閉じこもりきりになる事が多く、また忙しくもあったので、なかなか彼には会えませんでした
0
09月22日16:52【洒落怖】集合住宅に住んでる子供が俺をターゲットにしていた。ガラスを割ったり、ドアを無意味に叩いたり、洗濯物に泥を投げ込んだり…
0
09月22日14:52【洒落怖】中々寝付けなくてやっとウトウトしてたら 足元でザボーン!って池で魚が跳ねるような音がして目が覚めて、 恐る恐る覗いてみたら畳の上に横たわってた。
0
09月22日12:52【洒落怖】なぜかしらんが、俺が家のキッチンにいるときだけ「メェ~」って羊の鳴き声が聞こえる。 家族も一緒にいたけど聞こえないらしい。で、別の部屋とか外にいると聞こえない。 何気なくキッチンにいると「メェ~」って聞こえる。
0
09月22日10:53【洒落怖】引越し先には、かつて戦禍に会った城があったらしく、侍の霊が出るという話だった
0
09月22日00:00【洒落怖】家の姉は霊感が強いらしく、家でよく霊を見るらしい 姉の話によれば、俺の部屋の前の廊下の天井に兵隊さんが列をなして歩いてるらしい
0
09月21日23:01【洒落怖】上司からもらったお土産。他の人には、片手に乗る小さな可愛い木彫りの動物で、私には何故か 上下40cm位ある木彫りのお面。
0
09月21日21:01【洒落怖】自分の部屋の向かいに住んでたオバさんが、真夏に首つったんだよ。 で、オバさんは猫を3匹飼ってたんだけど…
0
09月21日19:01【洒落怖】先ほどの事です。 湯上りにタオルで体を拭いて、さあサイダーを飲むぞと一歩踏み出した瞬間 足元を全力で何かにもふられました。
0
09月21日17:01【洒落怖】俺の妹が曰くつき物件に住んでる。 平屋の一軒家なんだけど、その家の一室で人が首吊ったらしい。 亡くなった部屋ではたまにその家人がぶら下がってたりするんだと。
0
09月21日15:01【洒落怖】霊視してもらった時、自分にはたくさんの動物がついてると言われた。 猫や犬はもちろん、鳥や蛇やら、あと絶滅したような見たことない動物もいるらしく、 色んなのが千手観音の手のように背後から出てるらしい。
0
09月21日13:01【洒落怖】眠りにつき辛い夜だった。それがだるくて、何故か ベットから頭と左手を下にだらんとぶら下げた体勢になっていたら、 目の裏の暗闇の中で突然白黒の映像で口がへの字に開いた空洞が。
0
09月21日11:01【洒落怖】家で一人でいると、物陰やら天井裏やらがガタッとかカリカリカリという音が。ネズミかなーと思ってたんだけど、歩幅・感覚・音の大きさがでかい。ネズミじゃない…
0
09月21日09:01【洒落怖】ある日、そいつと一緒に歩いていたら、僕の胸元あたりに左手を伸ばして 止まれって感じで僕を制した事があった 僕は「ん?」って思ってしばらくしたら、空からぺたってなんか落ちてきた
0
09月21日07:01【洒落怖】うちは半分物置と化した部屋に金魚を飼っている。 仕事が忙しかったある日、風呂も歯磨きも終えて 寝る間に少し金魚を覗こうと部屋に行くと見知らぬ幽霊のおっさんが。
0
09月21日00:00【洒落怖】最近お寺のお坊さんを家に呼んで、お経を上げて貰いました。 そのお経中の出来事です。 亡くなった兄が先祖代々の仏壇のほうを向いて拝んでました。
0
09月20日23:00【洒落怖】実家の犬と猫が死んでしまって、火葬場の煙突から天に登っていく煙を、 家族と一緒に見上げていると突然妹が倒れ、寸でのところで真後ろにいた弟が受け止めました。
0
09月20日21:33【洒落怖】俺はガキの頃からとにかく犬に吠えられる 当初はビクついてるから吠えられるんじゃないかと親には言われたが、犬の存在に気付いてないときでも向こうから吠えかかってくる
0
09月20日19:00【洒落怖】東日本大震災の直後、津波の被害が大きくて、ガレキじゃなくてブルドーザで平地にされたかのように平坦な土地に、古臭い紳士みたいな小綺麗な格好した二人の男が中腰になって向かい合ってたんだ。
0
09月20日17:33【洒落怖】おっさん生首と10匹の猫
0
09月20日14:57【洒落怖】ウチの雛人形には歯が生えていた。京都製の雛人形はほとんどがそういう仕様になっていると友人が教えてくれた。
0
09月20日13:00【洒落怖】某山国の、とある農家に嫁いできたその奥さんはとても潔癖で、その家の土蔵に あったとても古い、つがいのキジの剥製を「気味が悪い」といって焼き払ってしまった
0
09月20日00:00【洒落怖】ある航空会社の職員が,今到着した飛行機で乗客があずけたのペットが 死んでいるのを見つけた
0
09月19日23:00【洒落怖】「何年か前に道端で全裸の女を見たけれど、その女が犬の死骸を食ってた…」
0
09月19日21:00【洒落怖】休む前夜のこと・・・・ かなり熟睡していたにも関わらず、いきなり目が醒めました。 寝起きでぼんやりという事もなく、かなりハッキリと・・・ しばらくして変な声が聞こえてきたのです。
0
09月19日19:00【洒落怖】場所は長野県木曽郡。ある大きな一軒家の取壊しの作業だった。 その家は何か不幸が続いたらしく、住人は全員亡くなったとの事だった。
0
09月19日17:00【洒落怖】世界中の山岳信仰について
0
09月19日15:00【洒落怖】大規模マンションの土地のあちこちから動物の骨が出てきた。茶色く干からびたかなり古そうな骨もあり…
0
09月19日13:00【洒落怖】山中でテントを張って中で電池ランタンをつけてくつろいでいたら。 いきなり、テントの上の部分(一番上)に外から何かバッと入ってきた。 動物か?と思って見ると、ボウガンの矢が刺さっていた。
0
09月19日11:25【ほんのりと怖い話】東南アジアの某国を旅行してきたんだ。 深い森を探索していたら、カコーンという音が聞こえてきたんだ。 なんだろうと思ってると、今度は自分の立っている位置から見て右側の遥か彼方からもカコーンという音が聞こえてくる。
0
09月19日00:00【洒落怖】アマゾンの熱帯雨林に迷い込んで 行方不明となっていた3歳の男児が12日ぶりに保護された。男児は「誰かがバナナとスイカと水をくれた」と話したが、現地は人けのないジャングル。 「神様に守られたとしか思えない」(地元の警察官)と周囲を驚かせている。
0
09月18日22:00【洒落怖】我が家には十数体の人形が保管されている戸棚がある。 戸棚の中は人形が隙間なく飾られていて、 入り切らなかったのか、3体ほど戸棚の上に置かれていた。
0
09月18日20:00【洒落怖】鳥居は近くいくとかなり大きく白い石で出来ていた。高さは5mはある立派なものだった。 鳥居のそばには石碑が立っていたが古い文字で読めなかった。 友人は鳥居をくぐり進み始めた、かなり広い道のようなものがずっと山の奥へ続いていた。
0
09月18日18:00【洒落怖】動物写真家の卵である俺は、当時開発されたばかりのモーションセンサーで 動物が近づいてきたら自動でシャッターが押されるものを試験がてら使っていた。
0
09月18日16:23【洒落怖】 …稲荷神社になぜ油揚げを供えるのか。豆腐の油揚げは代用品であり、本来は   狐にとって最高の好物である、鼠の天麩羅である…
0
09月18日13:33【洒落怖】車の窓から山を眺めていると山の中に無数の鳥居が見えた 当時の俺は「何で山の中なんかにたくさん神社があるんだろー」って不思議に思ってたんだ
0
09月18日00:00【洒落怖】仕事で山に籠もっていた時のこと。 夜中に小用を足そうと裏口から出ると、何やら仮設トイレ横の闇中で動く物がある。 子供ほどの小さな影だ。 猿かなと思いながら近よると、あっという間に山へ消え去った。
0
09月17日22:45【洒落怖】ふとした拍子に、ポケットに入っていた小銭が一枚、音を響かせて落ちた。 どこを探しても見つからない。
0
09月17日20:45【洒落怖】「とある山奥の里で耳にした噂ですけどね。  その付近には、一風変わった技術を持った一族がいたのだそうです。  どんな技術ですかって?  人を襲って喰らう動物、いわゆる“人喰い”を育てる技術です。」
0
09月17日18:45【洒落怖】「ここの奥山にな、縁切りの神様があると言われとる。  御力をお借りするか?  ・・・まあ単なる言い伝えだからなぁ。  良くない話も聞いとるし、やらん方がええかもしれんが」
0
09月17日17:45【洒落怖】もうすぐ山の頂上というところで後ろから「ほー、ほー」という男の声が…
0
09月17日16:45【洒落怖】ゲータレードを作るために容器に水を入れたのだが、いつまで経っても水が満ちてこない。 容器を取り上げた。おかしい、軽いぞ。今かなりの水を入れた筈なのに。
0
09月17日14:45【洒落怖】「森ン奥から誰かが手招きしてきても、絶対にそっちに行くんじゃないぞ。  そりゃあマネダケとかマネキダケって言う、椎茸のお化けだからよ。  逃げられないよう手足落とされて、ほだ木にされちまうぞ」
0
09月17日12:45【洒落怖】「なんで今日、K君いないの?」学校で彼に聞いてみました。すると… 「今、親に外に遊びにいくの止められてんねん」と言うのです。
0
09月17日10:45【洒落怖】「タケイヅナといってな、稀に竹の節の中に小さな獣が生まれることがある。  それの入った節ごと切り出してな、酒や米をやって世話をしていると、人のために  働いてくれるようになるんだ。こいつがそれよ」
0
09月17日08:47【洒落怖】公衆電話から出て歩きだしてから外の様子がおかしいことに気付いた。まず、外が異様に暗い。それでいて人の姿がない。車すら走ってない。
0
09月17日00:00【洒落怖】高崎に有名な不思議スポットがあった 吉井川第三公園に有刺鉄線に囲まれた立ち入り禁止の場所があるんだが その中に入ると耳鳴りがして頭がガンガンしてヤバイ、 敏感な人間だと吐き気がしてフラフラして立てなくなる
0
09月16日23:00【洒落怖】「ある奥地の山に入った時にですね、不思議なことがあったのです。  自分以外誰もいない森の中で、何処からかクシャミする声が聞こえたんですよ。  するとその途端、辺りがとっぷりと暗くなる」
0
09月16日22:00【洒落怖】とある山中の渓谷沿いを流していた時の事 対岸側の森の中にに大きな朱色の鳥居が見えた。 ここからすらこんなに見えるて、どんだけでかい鳥居なんだよwww
0
09月16日21:00【洒落怖】「とある山に入ろうとした時のことです。  里の者に案内を頼もうとしたのですが、酷く渋られまして。  曰く『あそこには森の鬼がいるから行きたくない』と、そう言われたんです」
0